文字だけのコミュニケーションには限界がある。

「離婚についてただ一つアドバイスできるのは、直接会って話をすること」

経済評論家の勝間和代さんの言葉です。

つまり、メールやチャットのような文字だけのやりとりでは、それくらい誤解が生じやすい。

対面で話せば、声のトーンや表情、間合いといった非言語情報が加わります。電話であっても、文字情報よりも多くの情報を得ることができます。非言語情報から、言葉の裏にある感情を受け取ることができるのです。

「友人同士であっても、意見の異なる話題について文字だけで話すのは危険」

これは、最近友人との間に起きたすれ違いから学んだことです。

傷つける意図がなかったとしても、文字だけで相手を否定すれば、直接話すよりも重く相手に届きます。前後にクッション言葉や肯定的な言葉をいれても、批判的な言葉には破壊力があります。

文字だけのコミュニケーションには限界があることを知り、必要であれば電話や対面で話すことを心がけていきたいです。

Related Entry

星の金貨と誕生日

「幸福学シンポジウムーしあわせを話そう」心は幻想。冷凍いちご...

決断しないことを決める。共感のツマミは調整する。